ドワンゴの川上さんが面白い

ドワンゴ会長・角川の社長・ジブリプロデューサ見習い

この3つの肩書きを持つのが、川上量生さん。

京都大学卒で、起業する前は月収50万円稼いでて、 28歳で起業して、今や日本を代表するコンテンツ関係の大企業の社長。

ステータスを見る限り、完全な勝ち組。だからといってエリート街道まっしぐらで、THE ビジネスマン、、、ってわけでもないのが面白い。気のいい兄ちゃんって感じなのです。

 

インタビュー、対談、書籍、ラジオなど、見れるものはほとんど見たけど、どれにも共通して言えるのが、独自の思考。

人が目を付けない前提から、頭良くロジックを発展させて、世間の定石とは異なる結論にたどり着く。

数字に強かったり、論理的だったり、知識が豊富な人はたくさんいるけど、なんだかんだ面白い発想を持っている人が一番格好良い(偏見です)。

 

書籍「ニコニコ哲学」で言ってた事

  • クリエイターはぶっちゃけ増えないほうがいい
  • クリエイターがブランドを溜める仕組みがプラットフォームに組み込まれていないとよくない
  • 才能は希少性。競争が激しいところで天才と呼ばれるのはめっちゃ大変。
  • 一貫してひとつのやりたいことがないといけないっていう「やりたいこと原理主義」にとらわれている人、多いですよね
  • 正しい使命感を持って、しんどいことをやるのは、何か違う。
  • 変わらなくても別にいいけど、変わったらおもしろいじゃん、だからやる。それが一番倫理的に正しい。
  • 僕と鈴木さんは、本能に近いところまで突き詰めて、理詰めで考えて行くところが似ている。
  • 人間の脳はパターン認識しているから、基本、直感。それを論理で再構成している。人間の脳には論理回路なんて組み込まれていない
  • 神は存在するという前提で理屈を考えて(こじつけをして)論理が複雑になったのが、スコラ哲学。
  • 文系は結論があって、手段として論理を使う。理系は論理で真理を追究する。

「HUAWEI P9Lite」は最強のコスパスマホ

スマホが壊れた

日々のうっかりでスマートフォンの画面がバキバキとなったのは、梅雨に入る前の暑い日。

スマホの絆創膏とかを貼って、なんとかしのいでいました。

そして1週間前、フリック入力が出来なくなりました。

ガラケー時代を思い出すボタンの連続押し。フリック入力は凄い発明だなと関心しました。

 

そして昨日、押してもいないボタンが押されるようになりました。新手のスタンド攻撃もとい、ウィルスにでも侵されたかの様な挙動。

平凡サラリーマンの私のスマホは仕事でも使います。公私混同。2馬力

お客さんやら上司やらに用も無いのに連続発信とかしたら申し訳ない。

すぐにでも買い替えなければいけない。

 

30分の短い昼休みで「スマホ コスパ」「スマホ 安い」「スマホ 最強」とか頭の悪い検索ワードで調べました。

そんな中コスパ最強と名高いスマホを見つけました。

そして、すぐにアマゾンでポチり、翌日配送。なんて便利。

昔だったら、家電量販店行って、半日犠牲にしてましたけど、今やその手間も無い。

 

HUAWEI P9 Liteを購入

選んだのはHUAWEIのP9 Liteという2016年発売のスマホ

中国の電化製品は安く性能も良くなりました。1980年代のアメリカ市場での日本製品のようですね(生まれてなかったけど)。

 友人にリサーチしたところ、持っている人が複数いました。類は友を呼びますね。

2017年7月時点だと約2万円で買えます。AmazonのPrimeDayだと1万5千円くらいで売ってました。

 

以下、使ってみた感想。

 

良い点

  • バッテリー3000mAhでめちゃくちゃ持ちが良い。
  • 見た目は格好良い。無骨。シック。
  • 指紋認証便利!ロック解除も楽。一日にロック解除を10回×6秒とすると、1分は浮く
  • 意外と軽い。
  • 意外と音が良い。

悪い点

  • でかい。iPhone3G時代から小さいスマホに慣れているため、画面端まで片手で押せないのはストレス。ただ今どきのスマホは大体それくらいのサイズだけど。。

 

とにかく大変満足です。

2017年現在だとHUAWEI nova lite とか HUAWEI p10 liteとか出ていますけど、重たいゲームするとか性能を要求される事をしない限りこれで充分だと思います。